シニアの初心者のためのコード弾きピアノ教室。 コード理論とはジャズセオリーのことである。

皆さんこんにちは、お元気ですか。

いつもこのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

暦の上の大暑が昨日でしたが、本当に暑かったですね。 まだまだ暑い日が続くようで、不要不急の外出は控える様にと、市役所からのお知らせが届きますが、私なども要があるから外出するので、用事がなければ家に篭ります。

 

お散歩などを日課にされている方はどうされていますか、暑い夏などは日が落ちれからになさっているのでしょうか。 夜でも結構暑いですから、お散歩もかなり気をつけて、なお一層の工夫が必要ですね。

 

暑い日は室内でできることを楽しみましょう。本日は音楽理論の日本と米国の違いについてお話しいたします。

目次

  • コード理論

  • ジャズセオリー

  • まとめ

 

コード理論

 

ードを知るためにはコード理論が必要ですが、この「コード理論」という言葉ははアメリカには存在しません。 コード発祥の地アメリカでは、このワードがないそうです。 現地バークレイ等でコードの勉強をされてきた方がお話しされていました。

 

コードは約100年前にアメリカで開発されました。 たった100年しか経っていないのですね。 それ以前は全て楽譜に書いていたのでしょう。

 

そしてこの100年の間に瞬く間に世界中に広がっていきました。 日本でもこの新しい「コード」を学ぼうと現地アメリカに多くの方が留学しています。 そして自分の国でもコードの理論書などを出版されたことでしょう。

 

私たちも書店などでよく目にする「コード理論」の本。 これは日本独特のものですね。

 

 

ジャズ・セオリー

 

コード発祥の地アメリカでは、コードの勉強は全て「ジャズ セオリー」ということになります。 これはジャズがこの「コード」を駆使して全米を熱狂させて、あのガーシュウィンさえも「国民はジャズに酔っている。」と自分がミュージカル音楽を多く残してきた中で、呟いたほどです。

ジョージ ガーシュウィン氏

 

ですから皆さんもコードの勉強をするのであるならば、するべきことは「ジャズ理論」であります。 と言ってもかなりこれはおくが深く、私も四苦八苦しております。

 

ですが初めの部分はジャズであれポピュラーであっても、理論的には共通ですから「コード理論」と銘打った方が、受け入れられやすかったのでしょう。

 

まとめ

 

コードの勉強はずっと進んでいくとジャズの勉強につながっていきます。すなわちコードの究極はジャズであるわけです。 ここでジャズを勉強したいわけではないけど、、、。という方もいらっしゃるでしょうね、そういう方はコードの途中までを学べば、それでOKですよ。

 

私も学生の頃に勉強した「和声学」という作曲の基礎がありました。 これはコード以前の古い時代の学問であると思います。もちろん今でも健在ですが、これからの若い学生の方にはぜひ「ジャズ理論」を学んでいただきたいと思います。

 

 

私もコードに対する理解を皆さんに深めていただきたいと思い、udemy講座を作成しております。

今日から7月27日までは1300円でお買い求めになれますので、よろしかったらどうぞ。

 

「ピアノのコードについて知りたい初心者の方への入門編。

曲を3曲追加いたしました。

https://www.udemy.com/course/zmliowdl/?couponCode=E27E7EDBB8ED81F3C6E1

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

シニアの初心者のコード弾きピアノ教室。 全ての楽器と歌の関係について。 歌うように演奏することとは。

皆さんこんにちは、お元気ですか。

いつもこのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

どうやら関東地方も「梅雨明け」したそうです。 これは喜ぶべきことでもありますが、今年もまた酷暑になるようで、とにかく最低気温がものすごく高いようです。 最低気温が27度とか、考えられないですよね。

 

エアコンをつけるのはもう躊躇わないようにしましょう。 でも今まで「電力不足」を毎年発表されていましたからね。 一体そのあたりの事情はどこへ行ったのでしょうか。

 

そして、この暑い夏は室内で楽しく過ごしましょう。 今日は「歌う」ということについて考えて見たいと思います。

 

目次

  • 歌と歌うということ
  • 全ての始まりはうたである
  • まとめ

 

 

歌と、歌うということ

 

 

皆さん歌は好きですか。歌うのが好きな方も多いし、歌を聞くのが好きな方も多いですね。人類が誕生してから、自然発生的に音を楽しむようになりました。 簡単な楽器を作って音を楽しんだ様子が、遺跡の中からたくさん発見されています。

 

もちろん初めの頃は、その楽器を作ることから始まりますから、「楽器」を持たない部族もあったようです。 ですが楽器を楽しむkとがなかった部族は消滅していったそうです。

 

言葉が意思疎通の手段として使用され始め、そして言葉を音に乗せて歌っていくようになりました。 言葉が意味を持っていたために、それを音に乗せる、または音に言葉を乗せる、一体どちらが先でしょうかね。

 

今でもメロディーに歌詞を載せるか、歌詞にメロディーを載せるか、実際は両方パターンとしてはあります。

では楽器演奏の時に「歌うように」という表現がどうなのでしょうか。

 

歌としてではなく、楽器演奏曲として成り立っている曲にも歌詞をつけることがあります。 そうなるとその楽曲は「歌」になります。 「歌うように」演奏するのです。

 

歌としてある曲もただ音程を出せば良いわけではありません。「歌うこと」が必要です。 これが歌の原点ですね。

 

 

全ての始まりは歌である

 

 

楽器の演奏家は皆さん歌が上手です。 まさに歌う様に楽器を演奏されます。 もちろんピアニストもなかなか歌が上手い方が多いですよ。 楽器の前に歌を歌うことが好きだったのか、歌を歌うことが好きで楽器を選んだのかは、いろいろだと思います。

 

ピアノのレッスンでも「はい、そこは歌う様に〜。」とよく先生に注意されたものです。 中には心の中で一緒に歌いながらピアノを弾くと、喉が痛くなるという方もいます。

 

ですから歌が上手い人のピアノ演奏はメロディーがよく「歌われている」ということになります。

皆さんもお好きな歌を楽器で弾いて見たいと思いますよね。 もちろん歌っても良いのですが、音程の問題や力量の問題などがありますから。 そこがネックになります。

 

 

まとめ

 

 

歌はもちろん大切で、楽器演奏にはその良さもあります。 歌の伴奏をしたり、歌を盛り上げたりできるのは伴奏でしょうね。 ですから伴奏一つで曲の雰囲気も変わってきます。

 

ですから左手の伴奏一つで、雰囲気などを変えることができるのです。それがコード奏法の良いところです。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シニアの初心者の為のコード弾きピアノ教室。 

 

皆さんこんにちは、お元気ですか。

いつもこのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

今日は梅雨らしい天気になりそうです。 そうです、まだ梅雨は明けていないのです。 そして天気の変化は人の体にも影響します。 どうやら人間は湿度と気圧により体感が左右されるそうです。

 

私自身も、こう暑かったり、涼しかったりで、「耳鳴り」が続いております。 皆さんはいかがですか。 今のはあまり良い話題ではありませんでしたね。 失礼しました。

 

さて、お子さんにとっては嬉しい夏休みは来週から始まります。 今日は夏休みにちなんだ歌を聴いて見ましょう。

 

 

目次

  • ヤホホ ! 夏休み
  • 夏休みパラダイス
  • まとめ

 

題名だけ見ても夏休みの嬉しさが伝わってきますね。

では早速1曲目「やっほっほっ!夏休み」を見て見ましょう。

 

 

比較的新しい童謡になるのでしょうか。 待ちに待った夏休みの嬉しさが感じられます。

 

ではせっかくですからピアノ演奏も見て見ましょう。

 

 

なんとなく弾けそうではありませんか。 やはりポイントは左手が簡単であることです。 この歌を今の保育園児の皆さんは知っているのでしょうか。

 

では続いて「夏休みパラダイス」を聴いて見ましょう。

 

 

夏休みパラダイス

 

 

これは現代風で楽しいノリノリの曲ですね。 実際にはプールが禁止になってしまたりとか、ハザードが出てしまうと外で遊べなくなったりしていますが、本来子供達の楽しみといったら、このような感じですよね。本当に楽しそうです。

 

私たち大人には「夏休み」はもうありませんが、お子さんのいる家庭や、お孫さんが夏休みにいらしたら、この「夏休み感」があると思います。 大変でしょうが、一緒に楽しんでくださいね。

 

 

まとめ

 

私たち大人も夏休みを楽しむことは必要だと思います。 大人同士で「夏休み」、といったら皆さんは何をしますか? 庭でBBQでしょうか、あるいはビアガーデン? などなど大人にも楽しみはあります。

 

四季のうちの「一区切り」として、メリハリを持ってエンジョイしたいものですね。 お出かけの時にはオシャレでもして大人らしく行きたいです。 そして「紫外線対策」と「熱中症対策」を怠りなくおねがいします。

 

大いに夏を楽しみましょう!

 

ではまた。

 

 

 

シニアの初心者の為のコード弾きピアノ教室。 コードが押さえられたら次はリズムです。

 

皆さんこんにちは、お元気ですか。

いつもこのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

連日の猛暑、いや酷暑ですが、外出する際には充分に気をつけてください。 私も高齢者になりましたが、やはり「乾き」に関して感度が鈍くなったように思います。

 

ですからちょっとした買い物に行って、帰ってくると、外出している間にに水分をとっていないことに気がつき、慌てて水分補給しますが、翌日軽くだるさがしばらく続いたりします。

皆さんはいかがでしょうか、かなり個人差があると思いますが、今までの経験を考慮して「熱中症対策」をしてください。

 

 

目次

  • コード弾きの良いところ
  • 表現が多彩になる
  • まとめ

 

 

コード弾きの良いところ

 

私はずっと「コード弾きのよさ」について、ブログやユーチューブでお話ししていますが、皆さんにとってはどのように捉えていらっしゃるでしょうか。

 

 

クラシックピアノと対照的な部分が・コード奏法の良い部分です。

古くから続いているクラシックピアノは「完璧な作品」ばかりです。 それを楽譜に書き残したものです。 非の打ち所がない作品たちです。

 

一方、コード奏法で演奏される楽曲は「一期一会」みたいなところがあります。その時々で少し違うことがある、のです。 メロディーの部分は大体同じですが、だいたいでいいのです。 それよりも、演奏者がどのように演奏するかが大切なのです。

 

特にジャズのように「アドリブ」の部分は演奏のたびに違いますから、いつも楽譜通り弾くクラシックとは全く異なる点ですね。

 

同じ曲でもアレンジをすると、また違った味わいが生まれるのです。それもまた楽しいところです。

 

 

表現が多彩になる

 

同じ曲でも左手のリズムを変化させると、雰囲気がガラリと変わります。

 

まずベーシックには以下のようになりますね。

15552932307628.png
左手の音符を二分音符にしたパターンです。
次は分散和音にして見ましょう。
15552933781329.png
左手の音符を四分音符にしたパターンです。
次はさらに細分化しました。
15552937442268.png
演奏できましたか??

まとめ

 

いくつかのパターンをご紹介しましたが、これらを曲の途中で組み合わせても良いのです。 ボサノバやルンバなど独特のリズムもあります。まずはこのように音を細かくして練習して見てください。

 

この左手に休符が入ったり、一見不規則に思える複雑なリズムも、ある一定のパターンで進んでいくのです。

 

 

ではまた。

 

 

シニアの初心者の為のコード弾きピアノ教室。 3つのコードで弾ける曲大公開!。

 

皆さんこんにちは、お元気ですか。

いつもこのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

今月になってから、なんとなく調子の良い私です。皆さんはいかがですか? 

先月は何かしら動けない感じがあって、パワーがダウンしていました。

 

連日「熱中症警戒アラート」が出ています。昔はこんなことなかったけど、今の学校生活も随分と変化しているようです。 例えばアラートが出たから草取りは中止とか、プールも中止とか。

 

確かに夏休みの「親子草むしり」は、結構きつかったです。

さあ本日は、そのような暑い日でも室内で弾けるピアノ(鍵盤楽器)で簡単な曲のご紹介です。

 

目次

  • コードの数が3つの曲
  • なぜ初めは少ない方が良いのか
  • まとめ

 

コードの数が3つの曲

 

たくさんある曲の中で、コードの種類が少ない曲は初心者にとってはありがたいことですが、中級者以上になりますと、少し物足りなく感じてきます。

 

とにかく3コードでできている曲をたくさん弾いてみると、指がコードを見ただけで動くようになります。 その感覚がわかるまで弾きますと、かなりいい感じになります。

 

ではどのような曲が3コードで弾けるのでしょう。 一挙公開です。

 

  1.  我は海の子       「うみ」の歌もあります。
  2.  聖者の行進        クリスマスの定番ソングです。
  3.  紅葉           名曲ですね。
  4.  こげよマイケル      良く曲集に登場します。
  5.  黄色いリボン       ミッチ ミラー合唱団で有名です。
  6.  オオスザンナ       こちらもアメリカ民謡です。
  7.  富士山          シンプルで良い曲です。
  8.  埴生の宿         意外にも海外の曲です。
  9.  仰げば尊し        卒業式の定番ソング。
  10.  故郷の人々        フォスター作曲の、フライドチキンで有名です。
  11.  茶色の小瓶        ジャズにもなっている曲。
  12.  春が来た         小学校で習いました。
  13.  マイボニー        英語の歌として有名です。
  14.  シェリトリンド      メキシコ民謡です。
  15.  きよしこの夜       静かにクリスマスを迎えたい方向け。
  16.  幸せなら手をたたこう   レクリエーションの時に良いです。
  17.  故郷           大人が故郷を思う曲です。        
  18.  ジングルベル       楽しい曲でお子さん大好きです。
  19.  大きな栗の木下で     お子さんの遊び歌で有名です。
  20.  七夕           今の季節にぴったりです。

なぜコード数が少ない方が良いか

 

まだまだ3コードの曲はたくさんありますし、3コードにまとめてしまって曲を弾くこともできます。 

コードを覚えたての頃は知らないコードが出てくると、そこでストップしてしまい苦手感が増してしまいますから、初めは少ないコードから始めて方が、メンタル的にも良いと思います。

 

このようにして見ますと、国内外の民謡などが多いですね。 古くからずーっと伝わってきた曲は実にシンプルで、覚えやすく歌いやすいです。 だから今でも歌い継がれているのです。 名曲なのです。

 

最初に3コードで初めて、その後コードを足すこともできます。そのコードの足し方は、少し勉強をした方が良いですし、コード数が5つになっている同じ曲を弾くことで勉強にもなります。

 

まとめ

今のポップスでもコード数が少ないものもあります。 あいみょんの歌とか、スピッツの曲など、探してみれば多くはないですが、ありますし、難しいコードを抜いても曲が変なことにならなければ、良いかと思います。

 

ただし自分で歌っている場合ですよ。 外でやると、コードのことで突っ込まれるかもしれませんから。 でも悪いことしているわけではないですから、楽しく行きましょう。

 

私のudemy講座に「たった5つのコードを覚えるだけで、4曲両手で弾ける。」

というタイトルの口座がありますので、よろしかったらどうぞご覧ください。

今日から7月9日まで1300円の最安値です。

https://www.udemy.com/course/54-eadhh/?couponCode=8DB80EFA06F3B57F8A70

 

 

ではまた。

 

シニアの初心者の為のコード弾きピアノ教室。 一年の後半も楽しく行きましょう!

 

皆さんこんにちは、お元気ですか。

いつもこのブログをご覧くださり、ありがとうございます。

 

今日は71日、「アー! もう年明けから、半年も過ぎてしまったの?」

時が経つのは早いものですが、大人だけがそう思っているわけではないようで、さまざまな年代の方に伺うと、子供から高校生くらいまでも、「時が経つのは早い」と、感じているようです。

 

実際お稽古事をたくさんしているお子さんは「僕は、忙しいんだよ。」と言います。 聞いてみると週のうち5日はお稽古事や塾があるそうで、なるほど昔のように学校から帰ったら、ランドセル放り投げて外で友達と遊ぶなどないようですね。

 

そこで今日は計画を実行をするには、どうすればよいか、について考えてみたいと思います。

 

目次

 

  • 一年の計画 (弾きたい曲や勉強したいことなど)
  • 半年を振り返り修正
  • まとめ

 

 

一年の計画

 

多くの方が年の初めには、「今年はこうしたいな」、などと考えていたはずです。それを全て覚えていますか。

覚えている方は文字化した方でしょうね。

 

ここらで文字化したメモなり手帳やノートを見返してみましょうか。 私の場合は、今年は外のセッションに参加する、という目標がありました。 結果、、、まだです。

 

ですが年内には「ブルーノート東京」へ、ジャズを聞きにゆきます。約束します。 なかなか実現できませんが、ここで書いたからには必ず行きます。 まあセッションに参加するわけではないですが、一歩外は踏み出そうという自分なりの行動計画です。

 

私は数年前のコロナ騒動から、外出することが億劫になっています。 でもこれは高齢者にとっては心身的にはマイナスであるようです。 外出するには計画を立て、身なりを整え、靴を履き(当たり前か?)、もちろん念入りにお化粧もいたします。

 

たったこれだけのことですが、ずっと家にいますとまず電車に乗るだけでやや緊張いたします。 そして靴を履いて歩く、これがかなりのストレスであります。 なんせ普段はサンダルで外出タイプですので。 そして人混みの中を歩く。 とりあえず行動することですよね。

 

たまに感じるこの違和感が実は刺激となって、行動半径を広げてくれるのです。

 

弾きたい曲や勉強したいことに関しては、一応進んでいますよ。 家の中でするこのに関しては、なんとか計画的に進んでいます。天気に関係なくピアノは練習できます。

 

 

半年を振り返り修正

 

ここで半年(1月から6月まで)を振り返ってみますと、良く覚えていませんが、やたら何かを始めようと考えていました。 あれもこれも初めてしまって途中から減らしたこともあります。 やはり人間ですし思っているほど行動できないことがわかってきます。

 

皆さんはいかがですが、もう私の場合やりたいことを、とにかく始めてしまいます。 それから自然淘汰されて残ったものが本当に必要なもの、のように感じます。

 

目標は高くても良いですが、半年やってみて(例えば難しい曲)あと半年でもできそうがない場合は、延長することも考えたり、場合によっては他の曲でも良いかもしれません。 どうしても完成させたい時は数年かけて完成させましょう。 そしてとにかく行動に移した自分を褒め称えましょう。

 

 

まとめ

 

私個人は計画を立てるのが好きです(できる、できないは別問題)。 だからたくさん計画してしまいます。 それは誰にも見せません。 ただしたいことや、やりたいことを書いただけですから。

 

でもこの文字化することは意外にも効果的らしいです。 例えば、「ピアノを朝必ず弾く」とか、「一日10分間はピアノの前に座る」など、そして具体的に文字化した方がいい、と思います。さて後半戦をどう行きましょうか。 前半の反省や修正をして、また新たな気持ちで参りましょう!。

 

 

私のYouTube(ユーチューブ)チャンネルは「シニアの初心者向けピアノ教室」

@music ~rz3nq    です。

 

音楽(楽器演奏)は文字で説明することが、なかなか難しいので映像があった方が理解しやすいと思います。ぜひご覧ください。

 

ではまた。